2016年3月8日

女子大生(JD)のセフレを作るテクニック

最近は草食系男子が多くて性に関して疎くなってきていると現代社会が変わりつつありますよね、それに一番困っているのは性に敏感な女性達だと思います。

「彼氏がセックスに興味全く無くて付き合って1年なのにまだやっていない」
「もっとエッチがしたいのに・・」

こんなセックスに敏感な女の子達の悲鳴も上がっているのも事実です。 逆に言えばセフレが簡単に作りやすいとも言えます。

JD(女子大生)は一番セフレにしやすい

女子大生(JD)のセフレ作るテクニック

女子大生が簡単と言うよりは、20歳を過ぎくらいの年齢の方が性に関する行為も増えてきて、好奇心も旺盛になるのでもっとセフレにしやすいと感じています。

特にセフレにしやすいJD(女子大生)

一人暮らしの女の子を狙う

よく上京した妹が実家に帰ってきてビッチに成り果ててしまった、という話はよく聞くと思います。 地方から上京してきたJD(女子大生)は友達も少なく一人寂しく自宅で過ごしている為、遊び友達をSNSや出会い系で探すしかありません。 そこで知り合った人とそのままセフレ化するパターンも少なくない話でもあります。

彼氏と分かれた手の時を狙う

女は長年付き合っていた彼氏と別れてしまうと自暴自棄になってしまう子がとてつもなく多いです。 そんな時にナンパなどをされると「別にいいや」とすぐ股を軽く開いてしまうのです。

彼氏と付き合っているけどうまくいっていないJDなんかは、二人で会う段階まで行けば高確率でお持ち帰りができますし、そのままセフレ化するパターンになりやすいです。

アブノーマルなセックスをする

ノーマルなセックスしか今までしてこなかったJDも軽く落とせます。 それは思い切ってアブノーマルなセックスをするのです。 緊縛やスパンキングなどハードSMではありません。

電マ責めや目隠しや手錠などソフト寄りなSMがいいでしょう。 新しい刺激に目覚めてしまったらそのままセックスフレンドとしてあたなをサポートしてくれます。

JD(女子大生)セフレはオッサンでも可能

女子大生(JD)のセフレ作るテクニック

20歳そこそこの女なら、まだそこまで経験値も高くなく、新しいことに感動してくれやすいです。 だから、ほんのちょっとだけでいいので、相手が味わったことがない経験をさせてあげれば、それだけでポイントは上がります。

さらに近頃は年上の男性がタイプなJD(女子大生)が増えてきているとのことらしいので、年齢が高い男性ほどメリットがあるんですね。

JD(女子大生)は処女が多い

処女の女子大生でもセフレにできるのかと言われれば”できます”! 昔は貞操は結婚まで保ちたいという女性が多かったですが、時代は移り変わり処女は邪魔物扱いされているんです。 男性の童貞と同じですね、早く卒業すればする程自慢も出来るし、優越感を味わうことができます。

処女であることへの焦りにより、彼女らの年齢では「そろそろ処女はダサイ」という意識が非常に強くなってきているんです。 ですので処女であっても股を軽く開いてくれる子がとても多いんです。

まとめ

どうでしたでしょうか?女子大生(JD)のセフレを作るのは難しいようで意外と難しくないと思います。 セックス経験が浅いことからコントロールするのもとても簡単なんです。 女子大生のセフレを作って毎日ウハウハぺろぺろしちゃいましょう♪

Return to Top ▲Return to Top ▲